お金に困ったら彼女や友達から借りる?

友達

誰でも急な出費が続いてどうしてもお金が足りなくなり、困ってしまうこともあるでしょう。

だからといってキャッシングを利用することには抵抗があるという方も少なくないと思います。

どうしてもお金がなくて困ってしまった場合、友達や彼女からお金を借りようと考える方もいるでしょう。確かに、昔はお金がなくて困ってしまった場合、親から援助を受けるか、友達に借りることが一般的でした。

しかし、いくら親しい関係にある友達でも、お金の貸し借りをしたことがきっかけに関係が悪くなることも多いようです。

お金の貸し借りで信頼関係を失うことも

また、ほとんどの方は、どんなに親しい相手でもお金を貸したくないと考えており、お金を無心されても、本当に返してくれるのかどうか不安を感じるとのことです。

親しい友人同士の場合、口約束だけでお金の貸し借りをすることも多いと思いますが、貸した側からすれば、きちんと返済日を決め、借用書を交わしたいと考えています。

もし借りた側が約束した日にお金を返してくれなければ、相手に対し不信感を抱くことでしょう。最終的に全額を返してもらったとしても、一度お金のことで不信感を抱いた相手とはこれまで通り仲良くはやっていけません。

友達なら気軽に借りられるし、利息も支払わなくても済むと思っているのであれば、それは間違いです。お金の貸し借りでお互いに嫌な思いをし、彼女や友達を失うくらいなら、少々の金利を払ってでも業者に借りた方が良いでしょう。

キャッシングは正しく利用すれば怖いものではない

キャッシングは怖いと思っている方もいるようですが、現在は返済能力を超えた額は借りられない仕組みになっています。

そのため、きちんと返済計画を立てたうえでお金を借り入れれば、借金地獄に陥ることはまずないでしょう。また、近年はキャッシング業者の金利も低くなっていますし、短期間の借入であれば無利息となっている業者もあります。

キャッシングはオンラインから人目を気にせず申込むことができます。

また、業者によっては、審査から契約まで自宅にいながら済ませることができ、確認の電話も会社名を名乗らずにかけてきますので、家族や友人、会社の人などにお金を借りようとしていることがばれることはありません。

そして、審査に通過し、カードを発行してもらえれば、コンビニや最寄のATMから簡単にお金を引き出せます。

現在はキャッシングは安全に利用できますし、申込方法も簡単になっているため、彼女や友達からお金を借りて、後々嫌な思いをするくらいならキャッシングを利用することをおすすめします。

▲ このページの上部へ