キャッシングの審査で見られること

天秤(審査)

キャッシングの審査ではどのようなことを見られるのでしょうか。

簡単に言えば、キャッシングの審査では、その人にお金を貸して、きちんと返してもらえるのかどうか、判断していきます。

ここでは具体的な審査の内容について紹介していきます。

安定した収入と他社からの借入がないことが条件

キャッシング会社では申込者に対して与信審査を行い、融資の可否を決定します。

キャッシング会社ごとに審査基準が異なっており、その基準に従い融資の可否を決定します。申込者の信用度が高ければ、限度額が高く設定されますが、一般に少ない限度額からのスタートとなります。

どのキャッシング会社でも審査では「安定した収入があること」と「他社からの借入額や借り入れ件数」を重視します。

毎月一定の収入があり、他社からの借入がない方は、審査に通過するでしょう。 ただ、年収が高くても収入が不安定な方は審査で否決されることもあるようです。

大切なことは収入が少なくても毎月安定してお金が入ることです。次に、借入状況ですが、信用情報機関に紹介し、借入額と借り入れ件数をチェックします。他社からの借入件数や借入額が多い方は審査に落ちやすくなります。

現在、総量規制により年収の3分の1以上は借りられませんので、既に年収の3分の1以上の借入がある方は審査に通過することはありません。

その他チェックされること

その他、キャッシングの審査では、申込者の職業についてもチェックします。

一般に、公務員や正社員は高い信用が得られ、自営業、派遣、アルバイトの信用度は低くなります。なお、職業を見る際には、将来の安定性があるかどうかが重視されます。

また、勤続年数も審査されます。勤続年数が長い方はこの先も長くその職場に勤めると判断され、職種に関係なく審査に有利になります。

次に年齢ですが、キャッシングの審査は若い人が有利です。 若い人の多くは収入が少ないですが、今後社会経験を積んで収入が増えていくことが期待され、返済能力はあると判断されます。

また、若ければ職を失っても、次の仕事を見つけやすいと判断されるので審査には有利になります。

居住形態についてですが、持家が最も有利です。そして、居住年数が長いほど審査に通過しやすくなります。実際に、頻繁に引っ越す人ほど、返済トラブルが多いため、同じところに長く住んでいることは審査にプラスになります。

居住年数1年未満の方は審査に落ちやすいのですが、マイホームであれば、居住年数が1年未満でも審査に不利になることはありません。それから、キャッシング会社の審査に通過した場合は、在籍確認があります。

▲ このページの上部へ