業者では慎重な審査を行っている

通過するコツ(矢印)

当たり前のことですが、キャッシングでお金を借りたら、必ず返さなければなりません。

もし、貸したお金を返してもらえなければ、キャッシング業者の経営が成り立たなくなります。

そのため、キャッシング業者では申込者の職業や年収などの属性を審査し、確実に返済してもらえると判断した場合にのみ融資しています。

つまり、キャッシングは申し込んだからと言って誰でも利用できるものではないため、キャッシングを利用したいけれども、審査に通るかどうか不安を感じる方もいるでしょう。

そのような方のために、ここではキャッシング審査に通過するコツについて解説していきます。

安定した収入があり、返済トラブルがないこと

まずは毎月決まった収入があることが条件となります。

特に、公務員、大手企業の社員などは安定した収入があるとみなされるため、審査に有利になります。また、キャッシング業者では、年収の高さよりも毎月安定した収入があることを重視しています。

そのため、アルバイトやパートでも、長期間勤め、毎月決まった収入があれば、審査に通過するかもしれません。逆に短期間で職を頻繁に変えている方、無職の方は審査に通過することは難しいです。

しかし、安定した職に就いているのに審査で否決される方もいます。そのような方は、過去に返済トラブルがあったか、他社からの借入件数、借入残高が多いことが原因であるかもしれません。

キャッシング業者では、信用情報機関に申込者の利用状況を照会し、返済能力の有無を判断しています。

複数の業者からお金を借りている方、多額の借金を抱えている方は、おまとめローンで借金を1社にまとめるか、返済を続けて借金残高を減らしてから申し込むようにしましょう。

また、過去3ヶ月間に返済の遅れがある場合、3ヶ月ほど待ってトラブル歴が消されてから審査を受けましょう。なお、自己破産や債務整理の記録がある方はキャッシングの審査に通過することはありません。

キャッシングを始めて申し込む方、過去にお金を借入れて完済している方は審査に通過する確率は高いでしょう。

その他、審査に通過するために大切なこと

短期間に多数の業者のキャッシングに申し込むとお金に困っていてどうしようもないという印象を与えます。

そうなると、いずれは返済不能に陥るのではないかと業者は判断するため、審査に通過しにくくなります。キャッシングの申込履歴も信用情報機関に登録されますので、1度に多数の業者に申し込まずに1ヶ月に1社ずつ申込むようにしましょう。

それから、正直に申告することが何よりも大切です。年収、勤続年数、借入残高は正直に申告しましょう。信用情報機関や提出書類で嘘はすぐにばれてしまいます。申込書に偽りが発覚した場合、信用できない人と判断され、審査で否決されてしまうでしょう。

▲ このページの上部へ