お金の取り立て

キャッシングはどうしても悪いイメージが付いて回ります。

その理由のひとつとして挙げられるのが、取り立てです。

なんとなく借金の取り立てイコール怖いというイメージを作り上げてしまうのですが、実際はどうなのでしょうか。

怖い取り立ては昔の話!

ドラマのように家や会社に押し掛けたり、電話が鳴りやまなかったり・・でも、今はそんなことはありません。

キャッシングで借りたお金の取り立ての方法については、厳しく法律で決められています。 ルールを破ってしまったキャッシング会社は、営業停止などの行政処分を受けてしまうことになります。

怖いイメージのあるキャッシング会社ですが、それぞれちゃんと許可を得て営業していますので、法令を遵守しています。 もし無理な取り立てがあるとしたら、違法に営業している闇金業者ぐらいでしょう。

法で禁止されている取り立てはいくつもありますが、主に以下のような項目があります。

  • 午後9時から翌日午前8時までの一切の督促禁止
  • 家族への取り立て禁止(保証人を除く)

キャッシング会社だからといって特別な取り立てをするわけではなく、あくまでもルール内での督促になるということですね。

実際にはこのように督促される

もちろん、お金の支払いが遅れたら督促はあります。

もし返済日を過ぎても入金が無ければ、まずは携帯電話に連絡が入ります。 内容は怖いものではなく、いつごろ入金できるかという確認です。

連絡が取れない場合は何度か電話が掛かってくることになります。 それでも連絡が取れなかったら、職場や自宅への連絡や督促のハガキなどが届くようになります。

決して電話口で怒鳴るような恐ろしい取り立てではなく、あくまでも冷静にマニュアルに沿った対応です。

しかし、入金の約束を破れば当然また電話が掛かってきますし、電話を無視し続けると携帯電話への連絡では済まなくなってきます。 電話を無視しても何もいいことはないので、ちゃんと対応するようにしましょう。

▲ このページの上部へ