キャッシング会社と消費者金融とサラ金

キャッシング会社、消費者金融、サラ金・・お金を借りられる業者には様々な呼び方があって、戸惑います。

いったい何が違うのか、考えてみましょう。

キャッシング会社とは何?

キャッシング会社は広義でキャッシングができる会社という意味があるので、銀行や信販会社、消費者金融をすべて含みます。

しかし、キャッシング会社=消費者金融と解釈されることも多いです。 それは消費者金融がキャッシングをメインにしている会社だからです。

いわゆるキャッシングの専門のような存在なので、キャッシング会社=消費者金融というイメージが強いのです。

消費者金融とサラ金の違いとは

消費者金融とサラ金は、同じものを指しています。 サラ金はサラリーマン金融の略で、一昔前までは盛んに消費者金融のことをそう呼んでいました。

一体なぜそのような名前で呼ばれていたかというと、顧客の大半がサラリーマンだったからです。 または街中に店舗があることから、街金とも呼ばれていました。

サラ金や街金は過剰な融資と高金利で返済不能に陥るネガティブなイメージが強く、そのイメージを一新しようとして業界が消費者金融という呼び方を広めるようになりました。

今でもサラ金や街金という呼び方もしますが、それは有名な大手消費者金融ではなく、高金利で貸し付ける中小企業を指すことが多いです。

貸金業者と銀行の違い

信販会社や消費者金融、銀行などキャッシング会社は色々あります。

しかし、貸金業者と呼ぶ場合は銀行を含みません。 銀行は預金業務がありますが、貸金業者は預金できません。 そのため、預金業務の有り無しで銀行とノンバンクという呼び分けをすることもあります。

キャッシングの額を年収の3分の1まで制限する総量規制は、貸金業法で定めたルールです。 銀行はそこに当てはまらないので、総量規制に囚われないのです。

自分がお金を借りている会社のことを知るのも大事なことなので、ひとつの知識として覚えておくといいでしょう。

▲ このページの上部へ