他社からの借入あり

キャッシング会社はそれこそ無数にあるので、1社の契約では足りなくなってしまうと次のキャッシング利用を検討することになります。

しかし、他社から借入がある状態で、他のキャッシングを利用することはできるんでしょうか?

既に他社からの借入があってもOK!

既に他のキャッシング利用があったとしても、別のキャッシングを利用することは可能です。 実際に2社、3社と複数のキャッシング会社を利用している人が多くいます。

ただし、それには条件があります。 まず、総量規制以内の範囲であることです。 総量規制とは、年収の3分の1までに借入れを規制するルールのことです。

年収が300万円であれば、100万円までしか借りることができません。 つまり、既に1社で100万円の借入がある場合は、新規の申込ができないということになります。

そして総量規制内の借入額だったとしても、キャッシング会社の審査基準に満たない場合は借入ができません。 法的には多少金額に余裕があるとしても、キャッシング会社が「この人は返済能力に不安がある」と判断してしまえば、審査に通らないということです。

多重債務者について

多重債務者とは、数社借入があり支払い困難な人のことを指します。 多重債務者にはキャッシング会社もなかなかお金を貸してくれることはありません。

実はキャッシングの審査では、この多重債務を重視することが多いのです。 あまりにも借入先の数が多い人は多重債務者予備軍と判断され、審査に通ることができません。

そのボーダーラインになるのが、3社です。 3社以上借入がある人は例え総量規制内であっても、極端に審査面で条件が厳しくなります。

キャッシング会社によっては4社以上でもOKという場合もあれば、2社以上でも要注意とすることもあります。 借金総額を増やさないようにするのはもちろん大事ですが、むやみに少額の借入を繰り返して多重債務者と判断されないようにするのも大事です。

▲ このページの上部へ