担保と保証人

キャッシングとは借金のことだから、担保や保証人を要求されるのではないかと不安になりますよね。

実際にそのようなケースがあるのか、見てみましょう。

キャッシングはとても簡単に利用ができる

キャッシングは使用目的が自由の個人向けの小口ローンで、担保も保証人も必要ないのが基本です。

担保・保証人が求められるのは、住宅ローンのような大口ローンです。 車のローンなど目的別ローンでも、本人の信用が乏しいと判断されれば、保証人を要求することがあります。

また、銀行では使用目的が自由なフリーローンでも、無担保型と有担保型を用意していることが多いです。 しかし、一般的にキャッシングやカードローンと呼ばれるものは、無担保型であることがほとんどです。

無担保型と有担保型の違い

担保も保証人もいらないなら、キャッシングの方がずっといいように思えます。 確かに保証人を頼むのは気を使うので、できれは必要ないほうがいいですよね。

しかし、無担保型でもメリットばかりではありません。 無担保型は担保・保証人を要するものに比べると、金利が高く限度額が小さめになっています。

例えば三井住友ではフリーローンでも有担保型と無担保型があるのですが、無担保型だと倍の金利になってしまいます。 限度額も有担保型が最大1億円なのに対し、無担保型は300万円です。

キャッシングとは小口ローンに分類されますので無担保・保証人不要で融資ができますが、どうしても金利が高くなってしまうのは仕方ありません。

キャッシングにも保証が必要?

無担保、保証人不要のキャッシングでも、実は「借りる人の信用」という保証が必要になります。

通常、有担保のローンで返済ができなくなってしまえば、担保は取り上げられ保証人に請求がいくことになります。

無担保では返済ができなくなってしまっても取り上げられる担保はありませんが、信用を失ってしまいます。 債務整理や長期に渡る延滞は、その情報が信用情報機関に長年登録されることになり、その間は新規の借入ができなくなります。

しかも一度失った信用を取り戻すのは非常に難しく、信用情報機関のブラック情報が消えても、債務整理や長期に渡る延滞を行ったキャッシング会社からは2度と借入ができない可能性があります。

そんなことにならないように、しっかりと返し続けるようにしましょう。

▲ このページの上部へ