キャッシングの支払い延滞や滞納は信用を落とす行動となります。

新たな借入審査で非常に不利になることが予想されますが、どうしてもまた借入が必要というときには、利用することができるのでしょうか?

すぐに金融事故にはならない

金融事故

キャッシングやクレジットカードの借入や支払い状況などは、信用情報機関に登録されます。

その情報は通常であれば2年程度でなくなります。 金融事故とは、信用情報機関に「異動」と登録されることを指します。

俗にブラックリスト入りと呼ばれるものですが、延滞や滞納をしてもすぐに金融事故扱いにされるわけではありません。 金融事故になるのは、以下のような条件に当てはまるときです。

  • 2ヶ月以上の延滞・滞納
  • 債務整理(自己破産、個人再生等)

金融事故情報がいつから登録されるのかは各金融機関の判断によっても異なり、2ヶ月で登録されることもあれば3ヶ月で登録されることもあります 一度金融事故情報が登録されてしまったらその取引が無くなったとしても、5年間は登録されることになります。

新たに借入の申込をしようとすると金融機関は信用情報機関に照会しますので、金融事故情報を見て「返済能力に難あり」と判断します。 金融事故情報が残っていれば、新規の借入審査にはほぼ通らなくなります。

まれに「ブラックでも融資OK」という消費者金融も見かけますが、法定金利以上の高金利であることが多いので、安易に利用しないようにしましょう。

情報が消えれば可能性あり

金融事故情報は長く保管されますが、永遠ではありません。

延滞であれば5年、債務整理は5年から10年でデータが消去されます。 つまり、そのデータが消えれば新たな借入ができる可能性も出てきます。

自分の登録情報は、信用情報機関へ開示請求することも可能です。 機関によってネットや郵送での開示請求など方法はことなりますが、自分がブラックリストに載っていないか気になる人は、一度確かめてみるといいでしょう。

▲ このページの上部へ