ブラックリスト

ブラックリストって、たまに聞く言葉ですよね。

ですが、「金融機関から借り入れをしたけど、返済不能となって自己破産をしてしまった人のリストかな」ぐらいにしか考えていない人が多いと思います。

なにせ、金融機関を普通に利用する分にはブラックリストに載るなんてことはないですからね。

でも、借り入れをして返済が遅れてしまった人は、もしかしてブラックリストに自分の名前が記録されたかもと思って気が気でない人もいると思います。

ここでは、金融機関のブラックリストとは何なのかについて説明をします。

融資したお金の事故情報

金融機関のブラックリストとは、信用機関と言う組織で管理されている個人の信用情報をデータベース化したものです。

事故情報とも言われますが、人が怪我をする事故ではなくて金融機関にとって融資をすることがマイナスとなってしまう特定個人の情報の事です。

ブラックリストに登録される人とは

ブラックリストに登録されてしまう方は、大まかに分けると3種類に分類できます。

まず、1つ目は銀行や消費者金融などの貸金業者からお金を借りていて、月1回訪れる返済期日までに必要な額を返済しなかった場合、あるいはクレジットカードで口座引き落とし予定日までに口座にお金が入金をされていなかった場合などが挙げられます。

返済期日を過ぎるとすぐにブラックリストに載るわけではなくて、金融機関により半月から3ヶ月程の猶予が与えられます。 催促が来ても、その間に元々の返済額と遅延損害金を支払えば、ブラックリストに載るのを免れることができます。

2つ目は、銀行からお金を借りた場合、お金を借りた方が返済できないと、ローン保証会社が返済できない方に変わって銀行の借金を一括で全額返済します。 代位弁済と言われる行為ですが、これが行われた場合はブラックリストに登録されます。

代位弁済が行われると債権者が銀行からローン保証会社に切り替わります。 債務者には依然として借金があり、決して借金が無くなるわけではありません。

3つ目は、債務者が法律事務所などを利用して債務整理を行った場合です。 一般的には、任意整理や自己破産が行われます。 いずれにせよ、債権者は、本来得られる返済が得られなくなるので、債務整理を行った人もブラックリストに登録をします。

ブラックリストに記録されてしまうデメリットとは

仮にブラックリストに自分の事故情報が記録されてしまった場合、どのような不具合があるのか気になる所ですよね。 基本的には、ブラックリストに記録されると金融機関から融資を受けたり、クレジットカードを作ることができなくなります。

自己破産をした場合は、ブラックリストにその情報は約10年間記録が保持されます。 だから、自己破産をした人は10年ぐらいの間は、ローンを組んだりクレカを作ることはできません。

今の世の中、クレジットカードは持っていて当たり前と言う時代です。 クレカが無いと海外旅行も不便です。 やはり、ブラックリストには登録されることがないように、融資を受けるなら確実に返せる範囲内の額を借りるべきです。

▲ このページの上部へ