ネットから気軽に申し込める

パソコンでインターネットをしている人

以前は、店頭窓口、無人契約機、郵送のいずれかの方法で、キャッシングを申込まなければなりませんでしたが、最近はインターネットで手軽にキャッシングを申し込むことができます。

ほとんどのキャッシング会社では、公式サイトで申し込みを受け付けています。

まず、申込の手順についてですが、キャッシング会社の公式サイトのトップページには、新規申し込み専用のアイコンがありますので、そちらをクリックします。

すると、申込画面が現れますので、必要事項を入力します。入力内容はキャッシング会社によっても異なりますが、氏名、生年月日、住所、勤務先、職業、年収、他社からの借入状況などです。

申込後に簡易審査

申込後に、簡易審査が行われ、審査の結果が電話かメールで届きます。

簡易審査に通過すると、電話がかかってきて、申し込み内容の確認が行われ、おおよその融資限度額が提示されます。本人確認の電話はほとんどの会社で行っており、電話に出なければ審査を進めることができませんので注意してください。

なお、電話は何度もかけてくれますが、早めの融資を希望するのであれば、すぐに電話に出られるように待機しましょう。

仮審査後の手続きについて

仮審査後に、運転免許証や保険証など、本人確認書類をメールか郵送にて提出します。また、勤務先に在籍確認の電話をかけるところもあります。

ここで、仮審査に通過したからと言って必ず融資が受けられるとは限りません。実際に在籍確認後に否決にされるケースも多いようです。

本人確認書類を提出したら、本審査が進められ、これに通過すれば、キャッシング会社と契約書を交わし、カード発行手続きへと進みます。

特に急いで融資を受けたいのであれば、指定の口座に振り込んでもらうことも可能です。店頭や無人契約機が近くにない方や、対面で申し込むことに抵抗がある方にはインターネットからの申込が便利です。

中には、急にお金が必要になり、すぐにでも融資を受けたいという方もいるでしょう。 キャッシング業者の中にはスピード審査・即日融資に対応しているところがたくさんあります。

午前中の早い時間にインターネットから申し込むと30分程度で審査が終わり、お昼過ぎ頃にウェブ上から本人確認書類をアップロードすれば、当日中に融資を受けることも可能です。

それから、すぐに融資を受けたい方は、希望限度額を低めに記入することをおすすめします。 というのは、限度額が高くなると、審査が慎重になり、どうしても審査に時間がかかってしまうからです。

特に、100万円以下の融資であれば、所得証明書などの提出が不要ですので、審査が短時間で終わります。

▲ このページの上部へ