当サイトの意義

当サイトはお金を借りたいと考えている人に、分かりやすくインターネット経由でキャッシングをするための方法について解説をしています。

お金をどこからか急ぎで借りたいと思っていても、どうすれば良いのか分からないという人が多いと思います。 急ぎで現金の借入れしたいなら、選択肢は身の回りの人から借りるか、キャッシングを利用するしかないと思った方が良いです。

ただし、身の回りの人からお金を借りるのは、トラブルの原因になる事があるのでお勧めしません。 お金を借りるなら専門のキャッシング会社を利用した方が、よっぽどスマートで賢い選択です。

借入れの申し込みをするのには抵抗がある人がいるかもしれないけど、当サイトで申込み方法について学べば、ネットでスムーズに申し込み手続きができます。 遅い時間帯に申し込みをしたのでなければ、その日のうちに借り入れ可非の審査結果を知ることができます。 審査に無事通過すれば、すぐに借り入れをすることが可能です。

当サイトがキャッシングでの借入れに少しでもお役に立てれば幸いです。

サイト運営者

キャッシング方法調査隊

コラム

ドラマなどのサラ金の取り立てを見て、キャッシングの事を怖い高利貸しと思っている人も中にはいると思いますが、現実はドラマとは異なります。

1990年代のバブル崩壊後に金融業界は再編が進みました。 その結果、大手のキャッシング会社は軒並み大手銀行の資本提携を受け、大手銀行グループの一企業として存続しています。 つまり、今のほとんどのキャッシング会社は信頼できる銀行系列の会社だという事です。

キャッシングと言うと多重債務とか借金地獄などをイメージしてしまう方もおられるかもしれません。 ですが、現在は融資に関する法律が整備されており、キャッシングは年収の3割程度の金額までしかできません。 そのため、借り入れの際に年収などを多めに申告するなどの嘘を言わなければ、生活苦となるほどの借金を抱え込む事は有り得ません。

もし、現在、キャッシングで多重債務などに陥っているなら、その責任は借り入れをした方にあると思った方が良いです。 正直に借り入れの際に収入などを申告していれば、借金が多い人は融資審査の段階で、お金の貸し出しはNGとされます。 だから、キャッシングで借金苦を感じている方は、借り入れの際に融資会社に対して虚偽報告をした可能性が高いです。 つまりは、自業自得だという事です。

嘘をついてお金を借りた場合は、自己破産で借金の免責を受けようとしても、受けられない可能性が高いです。 ですので、お金を多く借りたいからと言って、嘘を付くのはダメです。 借入れの際は正直に申告して、収入に見合った金額だけを借りる様にしましょう。

▲ このページの上部へ