無担保無保証のキャッシング会社

担保・保証人なしのキャッシング

従来、お金を借りるには、担保や連帯保証人を付けなければなりませんでした。

しかし、近年は、銀行や消費者金融をはじめ、個人向けの少額融資は無担保保証人なしとするところが多くなっています。

銀行のキャッシングは無担保保証人なしですが、銀行は保証会社を利用しており、万が一、債務者が弁済不能になった場合、保証会社が代理で弁済することになっています。そのため、銀行と保証会社両方の審査を通過しなければお金を借りることはできません。

もし、個人の方ですぐにでもお金を借りたいのであれば、無担保・保証人不要のキャッシング会社の審査を受けてみることをおすすめします。 業者の中には即日審査、即日融資に対応しているところも多いです。

過去に問題がなければ審査に通過しやすい

キャッシング会社では、申込書をもとに審査を行い、信用情報機関に過去の利用状況等を照会します。

無担保で保証人を立てる必要もありません。

キャッシング会社は、個人信用情報機関に照会すれば、個人の借入状況を簡単に調べることができます。そのため、これまでに返済トラブルがなければ、審査に通過し、すぐにでも融資を受けることができます。

逆に、他社から借入額が多い、あるいは、返済に問題があった場合、キャッシング会社ではきちんと返済してもらえないだろうと判断し、事前に融資を断ります。

無担保無保証のキャッシングが普及した理由

また、申込書の記載事項と個人信用情報機関の情報から融資の可否を判断する「スコアリングシステム」が確立されたことも、無担保保証人なしのキャッシングが増えた理由となっています。

カードを持つには年会費不要で、カード発行手数料もかからないため、審査に通過しさえすれば、キャッシングを利用できます。キャッシングは18歳か20歳以上で安定した収入があれば原則として誰でも申し込むことができます。

一般のキャッシングは、銀行の目的別ローンとは異なり、用途が限定されず自由に使うことができます。家族の急な入院、冠婚葬祭である程度まとまったお金が必要になった、給料日前にお金が足りなくなったなど、現金が不足した時にあらゆる用途に利用することができます。

ただし、無担保保証人不要のキャッシングは、他人に知られずに気軽に利用できますが、利用するにあたっては注意が必要です。無担保保証人なしということはキャッシング会社ではかなりのリスクを伴うことになります。

特に、返済が滞るようなことがあれば、比較的短期間のうちに一括弁済を要求されることが多くなります。そのため、お金を借りたからには毎月きっちりと返済することが大切です。

いずれにしても、個人がお金を借り入れるのであれば、誰にも気兼ねなく利用できる無担保保証人なしのキャッシングが一番です。

▲ このページの上部へ