キャッシングの借入方法

ATM

お金の借入方法は各金融機関により異なりますが、ここでは代表的なキャッシングの借入方法をご紹介します。

コンビニチェーンの店舗内に設置されている提携ATMを使う方法

現在もっとも一般的な借り入れ方法です。 今やかなりの田舎でもコンビニチェーン店はありますよね。

セブンイレブンやローソンなどの全国展開しているコンビニ店舗内の提携ATMから借入するのが最も簡単な現金入手方法です。

顧客専用WEBサイトで振込キャッシングを利用する方法

ネット接続パソコンやスマートフォンがあれば、自分の部屋からでも借入の申込みをすることが出来ます。 キャッシングを申し込んだお金は指定した銀行口座に振り込まれます。

この方法は極端なことを言えば、海外に居ながらスマホを使って自分の口座への振込みもできてしまいます。

海外に強いシティバンク口座を作って、その振込みキャッシングの振込先を自分のシティバンク口座に指定すれば、海外で急にお金が必要になった場合でもシティバンクのキャッシュカードで現地通貨を入手することが出来ます。

店頭窓口あるいは店頭ATM・CD(キャッシュディスペンサー)を使う方法

融資先金融機関の店頭まで出向かなくてはいけない煩わしさがありますが、直接、借り入れ相談員と話をしたい場合などには金融機関の店頭に行くと言うのも良いと思います。

ここで紹介したのは、代表的な借り方なので金融機関によっては振込みキャッシングに対応していないなどの場合もあります。

そのため、お金をこれから借りようとしている方は、自分の利用しやすい借り入れ手段が提供されているかを借入を申し込む前によく確認しておきましょう。

返済方法

借りたお金は元金に利息を付けて返す必要があります。

ここでは主な返済方法について説明をします。 キャッシングの申込みをする時は自分にとって返金しやすい方法を提供している金融機関を選ぶという事も大切です。

口座引き落としを利用する方法

自分の銀行口座から毎月1回指定期日に自動引き落としが行われる返済方法です。 メリットは自動で行われるため返済のための煩わしさがありません。

あえてデメリットを挙げるとすれば、返済を毎月しているという実感が持てないため、借りたお金を返し切っていないうちに新たにキャッシングをしたり、ローンを組んでしまいやすい点でしょうか。

店頭ATMや提携ATMからの支払い方法

金融機関の店舗内ATMやコンビニ内の提携ATMを利用して返済する方法です。 今はどこにでもコンビニがある時代なので、コンビニ内提携ATMの場合は利用しやすい返済手段と言えるでしょう。

金融機関の返済専用指定口座への振込みによる方法

ネットバンク口座を持っていれば、自宅からでもインターネット接続パソコンやスマートフォンを使って返済をすることが出来ます。

また、ネットバンク口座が無い場合でも一般的な銀行預金口座があれば、近所のコンビニ内にある提携ATMから支払うことが出来ます。 毎月自宅から自分で支払い手続きをされたい方は、この方法を選ぶのがもっともよいでしょう。

融資を受けた金融機関の窓口で直接支払う方法

金融機関の店舗まで出向く必要があり、利便性が悪いです。 ただし、金融機関の相談担当スタッフから返済カウンセリングを受けたい場合は、直接、店舗まで行くメリットはあります。

ここで挙げた返済方法は、一般的な物ですが全ての金融機関で対応しているわけではありません。 キャッシングの申込みをする前に自分にとって利用しやすい返済方法が提供されているかをしっかりと確認しましょう。

▲ このページの上部へ