主婦や学生も融資は受けられるのか?

主婦

主婦や学生でもお金が必要になり、キャッシングを利用したいと思うこともあるでしょう。

キャッシングの利用条件は「18歳あるいは20歳以上で安定した収入があること」となっています。これは、収入が全くない主婦や学生はキャッシングを利用できないと解釈することができます。

では、主婦や学生はキャッシングの利用をあきらめるしかないのでしょうか?

専業主婦でもパート収入があれば借りられる

貸金業法改正が2010年に行われ、総量規制が制定されました。これにより年収の3分の1以上の借入は不可能になりました。

つまり、収入が全くない専業主婦はキャッシングを利用できません。実際に金融業者の多くは専業主婦への融資を断っています。

ただし、専業主婦でも、パートやアルバイトで毎月決まった収入があれば、融資が受けられるかもしれません。そのため、キャッシングを利用したい専業主婦の方は、パートやアルバイトの仕事に就いてから申し込むようにしましょう。

学生でもキャッシングは利用できる?

キャッシング業者の中には学生専用のローンを用意し、学生に積極的に融資をしているところもあります。

また、一般のキャッシングでも、アルバイトをしていて、毎月安定した収入があれば、学生でも融資が受けられます。ただし、キャッシング業者の申し込み条件は「18歳または20歳以上で安定した収入があること」となっています。

申し込み条件が「20歳以上」となっている業者も多く、そのような業者の場合、アルバイトをしていても20歳以上でなければキャッシングを申込むことはできません。

そのため、年齢制限や融資の条件を確認し、利用できる可能性のあるキャッシングを申込むようにしましょう。

さらに、学生でも、毎月アルバイトで一定の収入があれば、融資が受けられます。ただし、学生のアルバイト収入はそれほど多くないのが一般的です。そのため、キャッシングの審査に通過しても限度額は低く設定されます。

また、学生の方でキャッシングを利用するのであれば、トータルの返済額を把握し、毎月の返済計画を立てるようにしてください。限度額いっぱいまで借りてしまうと、毎月の返済が苦しくなり、いずれは返済不能に陥ってしまうことも考えられます。

万一、返済が遅れてしまうと、信用情報機関にその旨登録されてしまい、将来、住宅ローンなどの審査に不利になってしまいます。

そのため、収入の少ない学生は、返済に時間がかかるとしても、毎月決まって返済できる額を設定し、その決められた額を確実に返済するようにしましょう。

▲ このページの上部へ