お金を急ぎで借りるなら信頼のできる銀行系キャッシングで!

【大手銀行系キャッシング】
最短即日利用OKおすすめ1位
アコム
おすすめ2位
プロミス
実質年率(3.0%~18.0%) 実質年率(4.5%~17.8%)
三菱UFJフィナンシャル
・グループ
三井住友フィナンシャルグループ

お金を借りる時にもっとも気を付けるべき点は何でしょうか?

それは、迅速にお金を借りることができる事と、その借入れ会社が信頼のおける企業なのかと言う事です。 当サイトでは、迅速かつ安心してお金を借りる事が出来る銀行系キャッシング会社をご紹介しています。

信頼できる所でお金を借りる

初めて金融会社からお金を借りるなら、様々な心配事や疑問点が出てくるものです。 まず、すぐにお金を借りることができる金融会社と言えば銀行系キャッシング会社になります。

キャッシングだと早ければ、お金の借り入れを依頼したその日に融資審査が完了し、その日のうちにお金を借りることができます。

また、お金を借りる会社が信頼できる企業かどうかは大手を選べば安心です。 テレビCMで広告を放映している様な大企業のキャッシング会社だと多くの方が利用をしているからです。

当サイトでは、急ぎでお金を借りることができ、かつ安心の出来る大企業キャッシング会社をご紹介しています。

お金を借りる方法は、一般的にネットでの振込みキャッシングで自分の銀行口座に振り込む、あるいはコンビニエンスストアなどに置かれている提携ATMから現金でお金を借りる事になります。

振込みキャッシングは自宅に居ながら自分の口座にお金を振り込めますし、提携ATMを置いているコンビニ店舗は多数あるので借りる際の利便性がとても良いです。

お金を借りるなら、信頼が出来て、迅速借り入れが出来る銀行系キャッシング(アコム、プロミスなど)がお勧めです!

銀行系の専用キャッシングだと一般的に貸付金利が低いのでお得にお金を借りる事が出来ます。 また、専用のキャッシングカードを作っても年会費などのお金は一切かかりません。

1度キャッシングカードを作れば、融資枠の範囲内で何度でもお金を借りる・返すを繰り返すことが出来ます。

申し込み日にお金を借りるには

これから金融機関でお金を借りることを考えている方の中には、急ぎでお金が必要なため即日融資で借りることを希望されている方もおられると思います。

ここではお金の借入れ申し込み日当日にお金を借りるコツについて説明をします。

ネットキャッシングを利用しよう!

ノートパソコンを使っている人

インターネットを使ってお金を借りる事を考えている方は、金融機関の公式WEBサイトに行きましょう。

そのサイト内で借入審査にオンラインで申し込みをしましょう。 ネットから申し込めば数秒で簡易審査を行ってくれます。 ここで審査OKとなれば本審査が始まります。

万一簡易審査がNGとなった場合には、すぐに別の金融機関にお金を借りるための申込みをしましょう。 本審査は早い金融機関で30分程度で終了をし、審査結果がOKであればお金を借りることができます。

営業開始時間からできるだけ早い時間帯にお金の借入申込みをしよう!

即日融資を受け付けてくれる金融機関でも大抵の場合は、申込日当日の融資には申し込み時間に制限を設けています。

金融機関の営業時間終了間際にお金を借りたいと要望をしても当日中にお金を借りるのはほぼ不可能です。 申し込んだ当日にお金を借りたい場合は銀行振り込みによる融資となります。

そのため、少なくとも銀行が当日中の振込み処理を行う時間以前に借入の申し込みをする必要があります。 当日中にお金を借りることを希望するなら、できることなら午前中に金融機関でお金を借りる為の申込みをするべきです。

出来るだけ支払い利息を少なくするためには

誰でも借りたお金に対する支払総額は少ない方が良いと思うはずです。

支払総額が増える理由は借り入れ元本に対して付く利息にあります。 この利息の支払いを如何に少なくするかが支払総額を減らすポイントとなります。 ここでは、借りたお金の返済支払総額を極力少なくするためのコツについて説明をします。

お金を借りる期間を短く設定する!

お金を借りた際の利息は前月の元本残金に対して毎月支払い利息が付きます。 つまり、お金を借りる期間が長くなればなるほど、期間の長さに応じた利息が元本残金に応じて付くことになります。

お金を借りる期間を出来るだけ短くして早くお金を返済をすれば元本残金は早く減り、元本残金に対して付加される利息も減ることになります。

まとめ返済を利用しよう!

借り入れ期間を長く設定してお金を借りてしまった方は、まとめ返済を利用するようにしましょう。 まとめ返済とはボーナス時期など、返済に余裕がある時にまとめて多くの返済をしてしまう方法です。

どの様な融資金融機関でもまとめ返済は出来るので、お金の支払い能力に余裕がある時はまとめ返済をしましょう。 そうすることで、結果的にお金を借りる期間が短くなり、支払い利息を減らすことが出来ます。

「お金を借りる期間を短く」そして「まとめ返済をしよう」と上で述べましたが、あくまで生活資金に余裕があるならという条件付きです。

余裕がないにもかかわらず、無理な返済をしようとすると生活資金が足りなくなり、また金融機関でお金を借りるという事にもなりかねません。 それでは本末転倒となってしまいます。借りたお金の返済は無理のない範囲でするということがまず第1条件です。

プロミス[SMBCコンシューマーファイナンス]

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは大手企業です。 最近では人気女性タレントをコマーシャルに起用しています。

プロミスでお金を借りる際の特徴は、初回の借り入れ限定ですが、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息でお金を借りることができるという事です。

プロミスはフリーキャッシングなので、借りたお金の使用用途を生活費や教育費、旅行費用などの生計費用に利用可能です(事業主の方は生計費用以外に事業資金としてもお金を借りることができます)。

借りたお金の返済回数は月1回の支払いで1~80回を選択可能です。 お金を借りる際の具体例を挙げると、5万円を実質年率17.5%で30日間借りる場合には利息は729円となります。

そのため、お金を借りた日から30日後に返済する金額は元本の5万円と共に50,729円のお金を支払うことになります(ただし、初めてお金を借りる方限定でキャッシング申し込み前に「プロミスの30日無利息サービス」を利用すれば、利息分729円のお金は支払う必要はありません。30日後に返済する合計金額は5万円となります)。

急に友達に旅行に誘われたけどお金がない、お給料日までお金が足りなくてピンチ、お金は無いけど限定販売の商品をどうしても手に入れたいなどなど、様々な生活シーンやニーズに合わせて最短1時間融資でお金を借りることが出来ます。

また、月1回の返済日は5日・15日・25日・末日のいずれか1つを選べます。 返済日の選択肢があるので、お給料日直後の余裕のある時に毎月お金の返済を行うといったことができます。

アコム[三菱UFJフィナンシャル・グループ]

アコムはタモリさんのCMイメージがありますよね。

今現在は、アコムのCMタレントには現在女優や歌手として活躍している永作博美さんが起用されています。 アコムでお金を借りるメリットは、ネット申込みでの即日融資に強い事です。

ネットでの申し込み手続きが午後2時までに完了しているならその日のうちにお客様の銀行口座に振り込みキャッシングをすることが出来ます(但し、土曜・日曜・祝日の場合は銀行振り込みが可能となる翌営業日に対応)。

また、ネットでお申し込み後、午後9時までにアコムの自動契約機「むじんくん」にお越し頂ければ、その場で現金でお金を借りることも出来ます。

インターネットからのお金を借りる旨のお申し込みは、在宅であれば自宅のネットに接続されたパソコンから、また外出先ではスマートフォンからお申込みいただけます。 インターネットであれば24時間365日無休でお金を借りるための依頼を受け付けています。

アコムに限った話ではないのですが、一般的にお金を借りる際は借入金額が多いほど低い金利が適用されます。 仮に5万円を1ヶ月(30日間)実質年率17.0%で借りた場合には、1か月後に支払う利息は708円となります。

この場合、元本と併せて借り入れから30日後に50,708円のお金を支払うことになります。

借入時に短期ではなく長期返済を設定した場合でも期日前返済でお金を早く返すことが可能です。 利息はご利用いただいた日数分に対して付くので早期返済をすることで借りたお金の金利負担を減らすことが出来ます。

アコムでのお金の借り入れは幅広い目的・用途に対応しています。

例えば、お給料日まで生活費がちょっと足りないから1万円だけお金を借りるという個人の方、売掛の支払いでお金が入ってくるのが来月なのでそれまでの事業運営資金としてお金を100万円借りるという事業主の方などなど。

アコムでお金を借りる際は利用目的自由のフリーキャッシングなので、用途を選ばずに自由に使うことが出来ます。

(コラム)
世の中、お金への執着心がとても強い方がいます。 その傾向は、貧しい家庭で育った方に多い様な気がします。 お金に固執する方はドケチなので、そういう方から驕ってもらった経験はありません。 本人にしたら、質実剛健で質素と節約を実践しているだけかもしれませんが、友達としてお金に細かすぎる人と付き合うとなると考え物です。 割り勘で一円単位で計算をされたら、「今回は、僕が全額お金を支払うから、次の食事の時に支払いを頼むよ」と言ってしまいそうです。 太平洋戦争の終戦直後の動乱期なら、毎日の食べ物の確保にさえ苦労をしたと言う方もいると思うけど、今の時代は、貧乏だと言ってもアフリカや南米と言った第三世界の後進国と比較するとずっと恵まれています。 私の個人的な意見ですが、あまりにお金にこだわりすぎると、人生を楽しめない様な気がします。 お金を貯蓄することは大切なことだけど、適度にしておいた方が良いと思います。 金銭を貯めたとしてもあの世までは持って行けないし、最終的には相続税でお金をお上に吸い取られてしまいますからね。 ただ、こういった方はお金にマメなので借金を作ってまでお金を借りるということはしません。 人からお金を借りることはないけど、人にも貸さないという石橋を叩いて渡る堅実派タイプです。

▲ このページの上部へ